一般の方向けに薬局やお薬の情報を提供しています。


■目黒区管理センターへのお問い合わせはこちら

〒152-0004
東京都目黒区鷹番1-7-11 クレール鷹番101 
電話番号:03-3792-6260 FAX番号:03-3760-4884

すべての人に、健康な生活を


深刻化する医療財政の中で、すべての人に十分な医療を供与するためには医療制度の抜本的な見直しが必要となっています。特に人々の健康への関心は年々高まり、医薬品や医療技術の進歩に加えて個人の健康管理意識の向上のおかげで、今までにない高齢化社会がやってきました。 医療の一端を担う薬剤師として、ぜひ皆さんの健康を守るお手伝いをしたい…。 これが私たち薬剤師の願いであり、薬剤師会はその薬剤師の仕事をサポートする団体なのです。今、薬に関する豊かな経験と知識を持つ薬剤師たちへ、地域の皆さんの期待が寄せられています。

安心して任せられる薬剤師に


医療機関から発行された処方せんは、「保険薬局」で調剤が行われます。 これは医薬分業といわれるシステムによるもので、患者さんにお薬を渡すだけにとどまらず、服用するお薬の効能や副作用の情報、他の医療機関での重複投薬や相互作用のチェック、また今までの服用履歴を含む患者さん個人の薬剤情報管理、個々の患者さんから寄せられる質問や相談に応じることによって、より効果的な医療が提供されるように調剤の質的向上を目指して行こうとするものです。

薬局では、皆さんご存知の通り、市販医薬品も扱っております。 近頃ではスイッチOTCと言って、医科向医薬品の成分が市販医薬品へも使用されている事が増えてきました。 もちろん元は医科向の薬ですから、作用も従来に比べて強くなっています。 これからの薬剤師は、病院で処方されるお薬と薬局で買うことが出来る市販医薬品の両方をも見比べてチェックできる能力が必要となってきます。また医薬品の中には、相性の悪い食品や健康食品も存在しますので、まさにお薬を総合的に管理し、チェックできることがなお一層に求められてきているのです。 私たちは、そうした流れに遅れないよう、日々学び、努力していく所存です。 そして、薬剤師としての職務を遺憾なく発揮し健康な社会作りに貢献していきたい。 薬剤師会の会員薬局一同は心より願っています。

ところで、皆さんには「かかりつけのお医者さん」というのは居りますでしょうか。 特にご老人の方や小さいお子さんなどには、 「この先生は私のことを良く知っていてくれるから、安心して任せられる」 …というお医者さんがいらっしゃる方も少なくないと思います。 これからの医療には、この「かかりつけ」という事が大切になってきます。 これはより完成された医薬分業を行う際に、とても大切な概念です。

薬剤師は薬のプロです。 どうか皆さんもぜひ「かかりつけ」の薬剤師をお持ちください。 かかりつけ薬剤師は、皆さんがお薬を服用する際の良きパーソナルアドバイザーとなるでしょう。

目黒区薬局案内をご活用下さい


当サイトには、目黒区にある会員薬局の簡単なご紹介をいたしております。ぜひご覧下さい。 「こんなところにも薬局があったのか…」という発見があるかもしれませんね。 皆さんがご利用しやすい薬局を探す手助けになればと思います。

目黒区薬局案内を見る


Copyright(c) meguroyakuzaishikai. All Rights Reserved.